研究所に行く

あなたと一緒にできる公開研究を随時更新していきます。

【満員御礼!】
season2の参加者の感想文はこちら↓

家族感 ~
わかめ漁 ~
広田の暮らし方、生き方 ~
これからの暮らし方、生き方 ~

* 漁師町ダイアリー season2 *

海を、田舎を、肌で感じたいあなたにおくる

一週間の ”漁師町” 体験企画!!

 

陸前高田市広田町の漁師さんが過ごす3月。

2017%e6%bc%81%e5%b8%ab%e7%94%ba%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%91

そこに、出勤・通学する人々を乗せた電車はありません。

目の前には、漁師を沖へと運ぶ船があります。

2017%e6%bc%81%e5%b8%ab%e7%94%ba%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%92

手軽につまめるファストフードはありません。

漁で疲れたからだを癒す、とれたての野菜や海の幸があります。

2%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%97%e6%bc%81%e5%b8%ab%e7%94%ba%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%93

きらびやかな街灯はありません。

ただ、空をあわく彩る夕焼けと星のきらめきがあります。

2017%e6%bc%81%e5%b8%ab%e7%94%ba%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%94

あたたかい家族のような人たちとともに

家業であるわかめ漁で汗を流しながら

ゆくまで広田町の暮らしと生き方を堪能できる一週間

ぜひこの機会に、あこがれの田舎体験に手をのばしてみませんか。

≪募集概要≫

【費用】
18000円(池袋―陸前高田市間の交通費全額支給)

【対象】
田舎のくらしを体感したい18歳以上
男性6名以上12名以下、女性4名以上10名以下

【期間】
①3/13〜3/19 (3/20東京着)
②3/20〜3/26 (3/27東京着)
③3/28〜4/3 (4/4東京着) 

のいずれか1週間

※募集は終了しました。

【体験先の漁師家庭紹介】

村上榮二・妙子家
 村上一郎・幸子家
 伊藤正一・ゆみこ・正光家
金澤正男・文江・楓家

【プログラムの内容】
各家庭の家業(わかめ漁)のお手伝い
各家庭の田舎生活体験
体験日誌(ダイアリー)の作成


昨年例

2017%e6%bc%81%e5%b8%ab%e7%94%ba%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%95

【お申込み方法と期限】

以下のお申込みフォームより[1/31]まで承っております。
https://goo.gl/forms/QUlcoT3fEg3D5cUy2

【お問い合わせ・個別説明会】

個別説明会のご希望・ご相談などは以下のお問い合わせ・個別説明会フォームまでお気軽にどうぞ。
https://goo.gl/forms/xmocqsTMTF2vKRYz2

≪過去参加者の声≫

『夜の時間が本当の家族のようになり居心地が良くて幸せな時間でした。』
(大学2年生・女性)

『 初対面の方もすぐにご飯に招いて、一緒に楽しめる懐の広さを知りました。』
(大学2年生・男性)

『その言葉を聞いて、私もそういう風に考えて生きていったら楽しく生きていけるなと思いました。』
(大学2年生・女性)

 

 

 

【満員御礼!研究者が出揃いました!】

『漁師町ダイアリー〜憧れの田舎へホームステイ〜』

田舎ってどんな暮らしなんだろう。。
どんな人たちがいるんだろう。。
ゆったりした時の流れってどんなだろう。。

興味はあるけど、
田舎との繋がりなんてないし。。。

でも、行ってみたいんだよね。

 

そんなあなたに送る

『漁師町ダイアリー〜憧れの田舎へホームステイ〜』!

 

1週間、漁師さんの家に住み込み、

家族の一員として、わかめ漁のお手伝いをし、

田舎の暮らしを体験する。

 

場所は、岩手県陸前高田市広田町。

リアス式海岸の小さな半島の漁師町の物語だ。

12506898_10204226982789663_1941606785_n

この町の1日は、海の様子を見るところから始まる。

「波も良いし今日は仕事がはかどりそうだ~」

そして、港へ。

船に乗り、どこまでも広がる大きな海へ飛び出す。

すると正面から朝日が登り、

「今日も1日がんばろう」と気合いが入る。

12528044_735797099884597_816968134_n

リアス式海岸の三陸の海の上で刈り取る1トンのわかめ。

港に帰ってきて、お出迎えをしてくれるおかあちゃん。

手作りおにぎりやたくわん、とれたてのめかぶを青空のもと食べる。

12483157_735797106551263_1830405903_o

港で始まる家族総出の出荷作業。

わいわい話しながら、楽しく行う。

12489873_735796976551276_1583085647_o

夜は家族皆で団らんの食事。

たまに満点の夜空を眺めたり。。。

12499053_735797056551268_1059197007_o

ほどよい疲れと満腹のお腹、満たされた心。

おやすみなさい。

 

こうして、

漁師の家族の一員として、

共に食べ、共に働き、暮らす。

ソト者だからこその田舎の魅力をダイアリー(日記)に綴る。

 

1週間後、

きっとあなたの心にはふるさとが生まれているはず…

12483123_735797113217929_906673424_o

《概要》

【費用】

18000円(池袋-陸前高田間、交通費全額支給)

【対象】

田舎の暮らしに興味がある大学1〜4年生

【期間】
①3月23日〜29日
②3月30日〜4月5日

【ホームステイ先】

岩手県陸前高田市広田町の漁師さんの3家庭

*漁師さん家紹介*

1家族目:村上榮二・妙子家

2家族目:村上一郎・幸子家

3家族目:伊藤正一・ゆみ子・正光家

【1週間の流れ】

スライド1

【お申し込み方法】

参加者募集は終了しました。

【お問い合わせ】

下記フォームよりお問い合わせください。

こちら

《過去の参加者の声》

私は3日間、わかめ漁師の方のもとで働きました。わかめが出荷されるまでの様々な過程を経験できたことは、決して都会では出来ない貴重な機会でした。お昼ご飯に食べた広田のわかめは、肉厚で最高に美味しかったです。
皆さんもここでしかできない体験をしてみませんか?

(大学4年生・男性)

漁業はきつくてつらい…そんなイメージを持っていましたが、今回わかめ漁を体験したことで、イメージががらりと変わりました!たしかに早起きや仕事で身体は疲れます。ですが、港で漁師さんたちと食べるおにぎりや漬物、そしてなによりも採れたてのめかぶが本当に美味しかったです!そして、広田の方言でわいわいとみんなでするおしゃべりは楽しかったです。東京では感じられない心があったかい幸せな時を過ごせました。ありがとうございました!!

(大学3年生・女性)

 

 

《研究大成功!》

【広田町にサンタが100人にやってきたら、わくわくと希望で溢れた!
「あなたも誰かのサンタクロースになれる…」
12170494_706939749436999_1205252082_n

来たる2015年12月20日、 「高田と僕らの未来開拓プロジェクト2015~冬ver.~」を実行!

研究の報告はこちら!


岩手県陸前高田市広田町の中高生と一緒に町を歩きながら、 夢いっぱいのプレゼントを届け、 広田町を希望とわくわくでいっぱいにする仲間を募集します!!

【教育】、【子供】、【地域活性】に興味のある方!

サンタクロースになって夢を届けたいと思ったそこのあなた!!
ぜひ一緒に心温まる最高な冬の一日を創りましょう!!

下記Facebookイベントページをご覧ください!
リンクはコチラ